1. SPF設定について

SPF設定について

【重要】FAX送信セキュリティ強化に伴うご対応のお願い

2021年11月1日より、eFaxでは、EメールでFAXを送信しているすべてのお客様にドメインのSPF(Sender Policy Framework)レコードの有効化を義務付けさせていただくことになりました。SPFはEメールの送信者のなりすましを防ぐ仕組みで、第三者にメールアドレスを利用されることを防止し、フィッシング攻撃やメールスパム、接続障害の軽減が期待できます。 2021年11月1日以降、FAX送信をEメール経由でご利用する場合は、SPF設定の有効化が必要となりますのでご注意ください。なお、お客様専用ページ(アカウント)またはeFaxアプリ経由でのFAX送信についてはSPFの設定は不要です。

 

SPFとは何ですか?

SPFはメール送信に使われるドメインの認証方法です。SPFを使用することで、お客様のご利用のメールアドレスが「なりすましメール」ではないと判定されます。またSPFを使用しない場合、お客様がEメール経由で送信したファックスが、相手のメールソフトやメールサービスで「迷惑メール」として判定される可能性が高くなります。SPFを有効にすることでお客様がEメール経由で送信したFAXを、受信者に対して安全に届けることが可能になります。

 

SPFの確認方法

Eメールアドレスで利用されているドメインのSPFが有効になっているかを確認するには、下記SPFレコードチェックページをご参照ください。すべて英語のページです。必要に応じてGoogle翻訳等のオンライン翻訳ツールを使用し、ご確認ください。

SPF Record Checker

SPF Record Testing Tools

SPF Record Check - Lookup SPF Records

 

お客様への対応のお願い

SPFの詳細については、こちらをご覧ください。

一般財団法人インターネット協会

一般財団法人日本データ通信協会

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

一般財団法人日本データ通信協会

 

件名:URGENT!! Action Required to Continue Sending Faxesと書かれた英語のメッセージを受け取った場合

下記のサンプルと同様の英語で書かれたメッセージを受け取った場合、SPFの設定がされていないか、正しく設定されていないことが考えられます。詳細はメールのドメインを管理しているプロバイダー、にご確認いただくか、社内のシステム管理者に確認をお願いいたします。なお、SPFレコードを設定済みの場合でも約72時間ほど反映までにお時間がかかることが多いとの報告があります。この反映時間はプロバイダーにより異なりますので、詳しくはEメールのプロバイダ―にご確認ください。

spf-error-sample-02


spf-error-sample-01

spf-error-sample-03

よくある質問をご覧ください

お客様専用ページ(アカウント)のオンラインヘルプ「よくある質問」にSPFに関する質問をまとめています。SPFについての詳細はこちらをご覧ください。

eFaxテクニカルサポート

03-6758-0851 / [email protected]

trial-rev sp-trial-02-r-1 eFaxお申し込み
sp-trial_01-r 

eFaxのお得を伝える女性月々1,980 円(税込)
送受信各150 ページ無料!
インク代・トナー代など
メンテナンス費用も不要         

ファックスの受信と送信を E メールで行える「インターネット Fax」を提供する eFax(イーファックス)のホームページです。外出先でも FAX の受信・送信ができる手軽さをぜひご体験ください。送信・受信ともに 150 枚まで追加料金なしでご利用可能です。PDFで届くため、インク代やトナー代もかからず、コスト・経費削減にもつながります。FAX 機(複合機など)をレンタルするよりお得に!ペーパーレスでエコ!地球にも優しい。ファックス専用機や家庭での利用が多い電話機付のファックス機を利用するよりもお得。ファックス機購入では価格が気になりますが、eFaxならスマホやPCを使うから価格を気にする必要がありません。パソコンからそのまま手軽に Excel や Word のデータを送信することもできます。またスマホから簡単に利用できるiphoneアプリ・アンドロイドアプリもご用意しております。コンビニまでファックスをしに行かなくても お手元のスマホですぐに FAX を送受信可能! お支払方法は銀行振込クレジットカード払いなど3つの方法から選べます。